ベイト工法より薬剤の散布法のほうが即効性という点では優れています。

MENU

シロアリ駆除を自分で行う方法

シロアリ駆除を自分で行うには

シロアリの駆除をされる方の多くは、プロのシロアリ業者に駆除を依頼します。
しかしこれは、プロの業者でなければシロアリ駆除ができないということではありません。

 

シロアリの駆除は、自分自身で行うこともできるのです。
ここでは、シロアリ駆除を自分で行う方法について取り上げていきたいと思います。

 

薬剤の散布

自分でシロアリ駆除を行う際の方法の一つは、薬剤の散布です。
この方法では、専用の薬剤をシロアリが巣食っている柱や床下、壁内などに直接散布して駆除を図ります。
直接薬剤を散布する必要があるため、作業をする際には床下に潜り込まなければなりません。
薬剤を散布するというこの方法には、具体的には以下の二つのやり方があります。

 

土壌処理

これは、シロアリが建物の内部に侵入することを防ぐために、床下の土壌やコンクリートの表面に薬剤を吹きかけるという方法です。
シロアリというのはほとんどの場合、地中を通って建物の内部に侵入してきます。
土壌処理では、こうして一度地中に潜ったシロアリを地上に出てこれないようにするために、土壌やコンクリートの表面に薬剤を散布するのです。

 

こうすることで、かなりの確率でシロアリの被害から家屋を守ることができます。
また、最近ではシロアリ駆除に加えて土壌からの水分蒸散防止にも効果のある土壌被膜形成工法やシート工法といった方法も出てきています。

 

木部処理

これは、木材で出来ている壁や柱などの表面に専用の薬剤を吹き付けることで対策を行うという方法です。
この方法によって、シロアリが木材の内部に侵入することを防いだり、木材の内部に既に生息しているシロアリを駆除したりすることができます。
薬剤の使用は木材の表面に吹き付けるという方法が基本ですが、場合によって刷毛等で塗布したり、木材に穴を開けて薬剤を注入したりすることもできます。

 

基本的に木材を使っているものであれば、それが建材であれ家具であれ何にでも使うことができるのがこの方法の最大の特徴です。
ただし、この方法はあくまでも木部の内外に働きかける方法であるため、地表に出てきていないシロアリに対しては何ら効果を発揮することはありません。

 

ベイト工法

ベイト工法とは、駆除剤を混入した餌(ベイト剤)をシロアリに食べさせて駆除を行うという方法のことを言います。
この方法は非常に簡単で、ベイト剤と呼ばれる餌入りの容器を購入してシロアリの巣の近くや通り道の近くに設置しておくだけです。

 

後は、シロアリが勝手にベイト剤を食べてくれて、脱皮ができなくなって自然に死んでくれます。
そして、この方法の優れているのは、餌を食べたシロアリだけでなく、そのシロアリが棲んでいる巣の全てのシロアリが駆除されるというところです。
どういうことかと言うと、実はシロアリが食べるこのベイト剤には遅効性があり、シロアリは巣に帰ったところで死んでしまいます。
そしてさらに、このベイト剤は巣の中にいる他のアリに対してもその効果を伝染させていくのです。

 

つまり、ベイト工法を使えばシロアリ被害の根本を叩くことができるわけです。
また、ベイト工法では家中に直接薬剤を撒く必要が無いため、人体やペットに対する悪影響も全くありません。
もっとも、即効性という点では薬剤を散布するという方法の方が優れています。