シロアリ予防には薬剤散布法と土壌処理の方法があります。

MENU

自分で出来るシロアリ対策

プロの害虫駆除業者に依頼すると高額な費用がかかりますが、シロアリ対策はホームセンターなどで手軽にDIYグッズを購入できます。
道具を揃えるのは安価で手軽ですが、難しいのは施工です。
自分でシロアリ対策する方法とコツを紹介します。

 

 

すでにシロアリのいる場合

シロアリ退治のイメージ画像

自分でシロアリを撃退するには、ベイト工法がオススメです。
仕組みはゴキブリ駆除で有名なホウ酸団子と同じで、毒のある餌を巣に持ち帰らせて、その餌を食べたシロアリをやっつけます。
シロアリの巣には王と女王蟻のほかに、それぞれが死んだときに代役を務められる副生殖虫がいて、全てが死ねば繁殖しなくなって自然に解散します。
ただし、ゴキブリと違ってシロアリは既に発生していると規模が大きく、持ち帰った餌を女王蟻などが食べてくれるとは限りません。
数を減らせることは簡単でも巣を丸ごと撃退できるかは運の要素もあります。
効果は限定されますが、予防としてもベイト剤を常時置いておけば、新しいシロアリがやってきて巣を作り始めた段階で早期撃退できます。

 

もうひとつの方法はプロの業者が行う薬剤を吹きかけてシロアリの巣をやっつける薬剤散布法です。
床下にもぐりこんで、シロアリの巣に直接散布しないといけないのでハードルが高いです。
床下にはネズミやゴキブリ、その他昆虫など多くの生き物がいるので、完全防備をしないといけません。
ホームセンターで売っている薬剤でもうまく使えば撃退できますが、施工が難しく、巣に直接攻撃しないと効果は限定的です。

 

 

予防方法

薬剤散布法と土壌処理の2つの方法があります。
薬剤散布は名前の通り、シロアリの嫌がる薬剤を床下や木材、建物の周囲に撒いたり、専用ボトルを設置して侵入を防ぎます。
自分で行う場合は薬剤塗布が効果的ですが、完全に侵入経路をシャットアウトしないと意味がありません。
お手軽グッズでは、建物の周囲だけに設置して予防するタイプもありますが、効果は限定的で何もしないよりかはマシといった程度です。

 

シロアリは主に土の中から侵入してきます。土壌処理については、地中からから地上に出られないように土壌被膜形成工法やシート工法でブロックします。
部分的に行っても意味がなく、建物の床下全てをカバーしないといけません。

 

どちらにしても、床下に潜り込んで、全体を適切な処理をするのは困難なため、シロアリ対策はDIYではなくて、お金をかけて業者に依頼する方が多いです。